古書 バンゴブックス—小さい宇宙

いきもの、たべもの、人びとの暮しの本をテーマにした,東京都台東区の古本屋です.


蒸し暑さが残る晴天下の路地、背中に汗かきヒィヒィと歩いていたら見つけた本屋さん。

バンゴブックス

薄暗い店内に、小さな冒険心がうずきます。

こじんまりとした場所に、ギュッと本が詰まっている姿は、やっぱり素敵。

中には、贅沢に使われている棚も。

食べものの本や、生物学などの生き物が多いなぁ、と思っていたら、コンセプトは「きもの、たべもの、人びとの暮しの本をテーマにした」ということで、まさに、という印象でした。

奥に座る店主さんに向かうと、本棚には宇宙の本が現れ始め、不思議な空間のう濃度はぐっと増します。

松岡正剛の『全宇宙誌』も置いてあり、興奮しました。

全宇宙誌

ここでは、山村光春の『take away souvenir』という本を買いました。

take away souvenir

もとからブックカバーが付いている、かわいい手帳のような、旅の本です。
旅の写真と、お土産と、少しの文章。
お店のすぐ近くにある「旅ベーグル」に寄ったせいでしょうか?

旅ベーグル


大きな地図で見る

「店内の写真を撮ってもいいでしょうか」とお聞きしたら、
「いいですよ。きれいに撮ってください」と快諾してくださいました。

テーマに沿ってセレクトされた本たちが詰まるバンゴブックスは、僕には十分きれいにみえました。

人の良い店主さんが切り盛りする、小粒の本屋さん。
味は保証します。

古書 バンゴブックス

古書バンゴブックス


大きな地図で見る

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です