まろ、ん?―大掴源氏物語

まろ、ん?

プレイボーイな栗


源氏物語のマンガ。

しかし、源氏一族の顔は栗!左大臣家の家系の顔は空豆!
そして54帖からなる源氏物語ですが、1帖が1つの4コマに集約されているという親切設計。

高校生の時に、大学受験の助けになればと思って買ったのだけれど、なかなか面白い。
勉強といった堅苦しい気持ちじゃなくて、読みやすく丁寧に源氏物語に触れられる良品。

これまでも、これからも、僕が源氏物語を読破することはないだろう。
だから僕にとってはこれが十分というか、むしろベストな本。

源氏物語をマンガ化したものとしては、『あさきゆめみし』が有名だけれど、僕は読んだことがない。
友達に、ラストの光源氏が今まで出逢った女性たちを回想する見開きを見せてもらったことがあるんだけれど、「みんな同じ顔やんけ!」というツッコミを入れざるをえない情景だった。
まぁそれはプレイボーイの光源氏を思えばいたしかたないことなのだけれど。

しかし、「比類なき美貌を持つこの男。」というプロローグを栗顔の光源氏でやってのけるこの本にかかれば、女性たちも適度にデフォルメされて見分けがちゃんと付く。
時々入れられる当時の情景説明や、和歌の説明のページが適当なタイミングで相づちのようい入って来てくれる。
総じて、読みやすい。

でも、この本の魅力は、合間合間に入ってくる教訓というか、共感を覚える言葉が載っているページじゃないかと思う。
これは、作者が考えたものを入れてるのかな。


秘め事が知れたら
恋人や妻を苦しめるというのに
それを告白することが誠実なこと
だと思っている人がいる。
だがそれは自分の罪悪感から
解放されたいと思っているだけだ。
つまり甘えているだけである。


大人ですね。
栗顔で溢れてる本の中で、こういう鋭さを持った言葉が突然出てくるから不思議な気分に。
でも、そこがすごく好き。

受験や勉強にはもちろん、単純に源氏物語を楽しんでみたい、ちょっと読んでみたい!て人におすすめの本です。



You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です