休暇

休暇

孤独な死と不器用な生。

生きることにした。

人の命とひきかえに。



刑務官の平井。
子連れの女性と結婚することになる。
新婚旅行に行かせてやりたいが、休みはない。
そんな時、収容者の金田の死刑執行が決まる。
執行の瞬間、宙づりになった死刑囚を抱きかかえる”支え役”をこなせば、一週間の休暇がもらえる。
平井は、自ら支え役を志願する。
そして。

YouTube Preview Image

とても地味な映画でした。
閉塞的な刑務所、朴訥とした主人公の平井、長い間。
でも、地味と退屈は決してイコールではなくて。

正直、想像よりも盛り上がりはなかった。
もっと、泣きじゃくりながら、嗚咽を漏らしながら、死刑囚、刑務官、それぞれが死と生のやり切れなさにもだえる映画かと思っていた。

でも、寡黙な平井は、じっとその苦しみを内に閉じ込める。感情的にならず、誰も見ていないところで独り身もだえる。
だからこそ、その平井が思いをぶちまけるところの苦しみと、切なさが、じんわりと浸食してくる。

予告編にもあるけれど、「主任だって、この仕事で飯を食ってるんじゃないですか…!」という言葉。
その言葉の目を背けたくなる正しさも、思わずつかみかかってしまう主任にも、共感できてしまう。

ここで死刑制度自体について掘り下げるつもりは、特にありません。
ただ、日本は先進国の中で数少ない死刑存置国ですが、その実態はふかーいベールにつつまれています。
情報はそのほとんどが隠匿されています。

支え役、というのも調べてみたのだけれど、この映画へのレビューばかりで、実在する業務なのかは分かりません。
実在しない、のではありません。具体的にどのように執行されているのか、僕たちは知ることができないのです。
死刑の可否を問う前に、現在どのような形で僕たちが死刑というシステムを運用しているのかを知れないというのは、ちょっと怖い、と改めて思いました。

すごく渋い映画。
沈黙のシーンが多々あるし、解釈の幅がある表現も少なくありません。
何より、金田がどのような犯罪を犯したのか、一切明かされることはありません。
その生い立ちも、何を考えているのかも、想像するしかありません。

これは、死刑を描いた作品というよりも、死刑に携わる1人の刑務官にクローズアップした映画です。

よく死刑は、国が行う殺人と揶揄されることがある。
その言葉の正当性は置いておいて、行為として、国が人を殺している、というのは事実だ。
でも、この映画を見て最も感じたことは、結局、人を殺すのは人なんだな、ということ。

平井は、落ちて来た金田を暴れないように支えていただけ。
それはむしろ、金田が暴れて余計に苦しまないようにという、配慮から生まれた役割なのかも知れない。
でも、平井へのクローズアップを通して、僕は平井が金田の死に関わった、という感覚を薄めることができなかった。
この映画では言及されなかったけれど、死刑執行のボタンを押す刑務官たちも存在している。誰のボタンが床を開く装置に連結されているか、分からない仕様にはなっているけれど。

でも、やっぱり、人を殺すのは人だ。
その是非を問いたいんじゃない。
ただ、必然的に、そこには人が刑を下すという強い苦悩があるということ。
今回は、支え役の平井がメインであったけれど、同じように、そして異なった形で、苦悩する刑務官たちも垣間みれる。

地味な映画だし、つまらないと思う人もいるだろう。
直接的に何かを訴えようとしてくる映画でもない。

でも、だから、僕たちがゼロから「あぁ、死刑ってなんなんだろうなぁ」といった思いを持てる映画になっています。
少し興味を持っていただけたなら、ぜひ手に取ってみてください。

同じように死刑に関する映画、「デッドマン・ウォーキング」も視聴する予定です。

関連:宗教者が語る死刑廃止



You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です