味写入門

まぐろの中落ち。

最初は押し入れの中に眠っている、家族アルバムにも貼れないボツテイクを送ってくれって企画だったんです。


友達に誕生日祝いにもらった本。
ほぼ日刊イトイ新聞で長く集められた味写を厳選してまとめたものです。

ここでその多くは見れるんですが、僕にとってちょうどいいのは、1枚のページに写真と少しのコメント、という本の体裁。
ネットで見るとコメント>写真という比率で読み物といった感じなんですが、むしろ本だと適当にパラパラめくりながら楽しむことができます。

プロには無理。
というのが帯のコメントなんだけれど、そりゃそうだよなぁ、と思う写真ばかりです。
ここでのプロには無理、ていうのは、こういう対象(状況)にカメラを向けないだろう、ていう意味です。それには納得です。
でもそれ以上に、これは運良く撮れた写真が多いです。
この無重力犬なんか、大好きです。

無重力犬

プロといったって、もちろん1人で写真を撮っているわけです。少なくとも、カメラを構えているのは1人。
でも、これは一般市民という数えきれないくら膨大なカメラマンがいて、当然中には絶妙な1枚、という写真も出てくるわけです。
物事に遭遇する機会、という点からも多勢に無勢。

でも、単純に素人たちがプロを越える写真集を出した、ということではなくて、やっぱりくだらない日常の寄せ集め、というごった煮感がこの本の一番の良さだと思います。

巻末のかせきさいだぁと天久聖一での対談でも、『VOW』や梅佳代とも違う。VOWは初めから面白い物を撮ろうとしているし、梅佳代にも作家性みたいなものは入ってきてる。
と書かれていて、まさにたくさんの偶然を漉して出来たのが、この味写、という感じ。

それに、うまいなぁと思うのが、ボケとなる写真に対しての、ツッコミのコメント。

シンプル自己紹介

正直、写真を見ただけだと「なんだコレ」という感覚です。
もちろん、それはそれで面白いんですけどね。
でも、シンプル自己紹介だなんて書かれると、「あー、そうか!……いやいやいや」と、そうじゃないんだけど納得させられてしまう。
ツッコミがあってボケは輝く、のお手本のような構成。

ばかばかしい本です。
でもだからこそ、楽しい気分の時より、悲しい時や、落ち込んでる時のいいサプリメントになってくれるんじゃないでしょうか。



You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です