BRUTUS 2012年 3/1号

51ejwpeMREL

のび太君に『ドラえもん』を語って欲しい。

マンガが好きで好きでたまらない。


買って、読み終わった時にふと、「あれ、雑誌だって書評書いていいじゃん」と当たり前のことに気づきました。
ということで、BRUTUS 3/1号はマンガ特集のご紹介。

まずは、松本大洋と五十嵐大介の対談。




続いて五十嵐大介の『海獣の子供』のサイドストーリーが収録されています。

後半は、著名人によるお気に入りのマンガ紹介といった感じ。

始めの対談は比較的穏やかな展開で、バチバチとしたマンガ哲学のぶつかりあい、なんてのを期待してるとぬるいかも。
でも松本大洋の語りを初めて読む自分には中々新鮮でした。
というか、顔を見たのも初めて。
結構作家の顔を見る機会ってなくて、性別も勘違いしてた、てのも結構あります。

文中に出てくる作家に対して注がつけられて、欄外で軽い説明をしてくれるという安心設計。

松本大洋って高野文子が好きなんですね。
でも、言われてみると少しわかるところも。

松本大洋も高野文子も、読んでいると何だか緊張してしまうんですよね。
コマに対して、気が抜けない。
もちろんそれは、作者がコマに対して気を抜いていないというか、1つ1つのコマに何かしらの主張をギュッと詰めているからでしょう。
だから面白いし、疲れる。
高野文子のマンガを”読む”って、すごくしんどい。
読み終わることが、ゴールのような。でも、荒くなった息や動悸は中々収まらない。

実は五十嵐さんのマンガは読んだことないんですが、収録された海獣の子供のサイドストーリーは、楽しく読ませていただきました。

宮崎駿にも影響を受けている、とのことだけれど、確かにその匂いが感じられる絵でした。でも、そこで描かれる世界に反して、土臭さは感じないな、という印象。スッキリしていて、気持ちのいいタッチ。
今日マチ子の絵を荒々しくして、でも優しさは残したような感触。
前から気になっていたし、機会を見つけて本筋も読ませていただこうと思います。

後半の語り手としては、ピエール瀧やら又吉やら穂村弘やら。
それぞれの語りも面白いんですが、amazonの関連商品の紹介のように、「○○が好きな人はこちらも。」とページ横で紹介される本も手を伸ばしたくなる感じ。

ただ、一言言わせてもらえるならば、「『めしばな刑事タチバナ』が好きな人はこちらも。」には『酒の細道』を入れて欲しかった…。
どうしようもなく庶民くさくて、それでいてうらやましい。
どちらも単身赴任のパパの味方マンガだと思う次第です。


ちなみに雑誌後半の広告では、川崎の藤子・F・不二雄ミュージアムで憂いの表情を見せる8頭身のび太君。
突然変異で美少年に変貌してますが、確かにあやとりはうまそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です