『山伏と僕』—ふつうの山伏

まず修行中、携帯電話は非常時以外には使わないこと。もちろんテレビも見られず、パソコンも使えません。また、返事は「はい」ではなく「承けたもう」で応えることも教わりました。羽黒山伏の返事には、それ以外の言葉はありません。すべて受け入れて、どんなことも断らないという意味だそうです。

Continue Reading

ヤノマミ——僕は読まなければならない。

自分の髪が逆立っているように感じられた。心臓が口からせり出しそうになるほど、激しい動悸も襲ってきた。そして、足が震えて、うまく歩くことができなかった。だが、僕たちは見なければならない。ここで見なければならない。僕は、それだけを唱え続けながら、震える足で森の中に立っていた。

Continue Reading